新しい披露宴のかたち|アクセスが便利な結婚式場を選ぶ|遠方からもゲストを呼びやすい

アクセスが便利な結婚式場を選ぶ|遠方からもゲストを呼びやすい

カップル

新しい披露宴のかたち

笑顔の人たち

もうご祝儀の額で悩まない

結婚式の招待を受けた時に悩むのが、ご祝儀をいくらにしたらいいのかということです。額が低過ぎると失礼に当たりますし、高過ぎると相手に心配させてしまうおそれがあります。一方、ご祝儀をもらうカップルの側も何かと気を使います。低過ぎる場合は過去に失礼でもあったのか、高過ぎる場合は引出物以外に特別なお返しが必要ではないか、などとあれこれ考えてしまいます。そこで最近では、お互いに気を使わなくていいように、よりシンプルな形式で行うウェディングが人気を呼んでいます。それが会費制結婚式です。会費制結婚式では、ゲストを招待する際に会費制であることと、その額をあらかじめ告知して行います。決められた会費以外にご祝儀の必要はなく、額も一律であるため、分かりやすさが人気の理由となっています。

会費の額に合ったプランを

結婚式における会費制のパーティは、以前から二次会などで採用されていました。しかし最近では、披露宴そのものを会費で賄うケースも増加しています。金銭的負担と心理的負担の両方を少なくできる形式として、広く行われています。会費制の結婚式は友人などが発起人となり、当日は幹事役を務めるというのが一般的なスタイルです。金額の決め方に特別なルールはありませんが、ご祝儀の相場に比べて過大にならないように注意する必要があります。派手な演出をなくてビュッフェ形式にすれば、1万円程度で十分です。カジュアルな雰囲気でくつろぎながら参加してもらえます。一方、会費をやや高めにする代わりにレストランウェディングで本格的な料理を楽しんでももらうといった演出も可能です。